海外留学保険

海外留学保険(海外旅行保険)とは

海外留学保険(海外旅行保険)とは、海外留学中に病気やケガをした際に治療などにかかる費用を補償する保険です。その他に、盗難、航空機遅延、賠償のトラブルなども補償します。※

AIG損保の海外旅行保険は、観光を目的とした旅行だけでなく、留学の際にもご加入いただけます。

ご出発日当日までインターネットでのお申し込み可能です。

ケガをしてしまったり、荷物の盗難に合ってしまったり、慣れない海外での留学生活には様々なリスクが潜んでいます。安心して楽しい留学生活を過ごすために、AIG損保の海外留学保険は留学リスクを考慮した補償と充実のサポートをお届けします。

※ 補償内容の詳細は重要事項説明書、約款をご覧ください。

AIG損保の留学生用プランの特長

お客さまの留学される期間からお選びいただけます。

持病・既往症、歯科治療も充実の補償!(保険期間31日以内のご契約)

  • 海外旅行で最も多いトラブルであるケガ・病気の治療を充実補償
  • 治療・救援費用を無制限※に補償する「インフィニティプラン」で安心サポート
  • 保険期間31日以内の契約については
  • 持病・既往症の急激な悪化
  • 旅行中の急激な歯痛による歯科治療
  • 妊娠初期の異常による症状(妊娠満22週以後の発症は除く)も補償します。
  • 持病・既往症とは

    持病・既往症とは、旅行開始前に発病し医師の治療を受けたことがある病気(妊娠・出産、または流産に起因する病気および歯科疾病は含みません。)のことです。持病・既往症が旅行先で悪化したことにより応急治療を受けられた場合や、3日以上続けて入院し日本から家族が現地に赴く場合の費用も含め300万円を上限として、治療・救援費用を補償いたします。

    ただし、継続的な治療(インシュリン注射・透析など)や投薬については補償対象外となりますので、ご留意ください。

  • ※ 無制限とは治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限にすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。

一年間の交換留学から正規留学まで、海外長期滞在ならではのトラブルに対応

  • 保険期間は最長1年まで留学期間にあわせて設定可能

    保険期間は留学期間にあわせて、自由に設定いただくことができます。半年、1年という長期の留学まで対応しています。

  • 保険期間32日以上の契約については
  • 住居内の家財や身の回り品の盗難・破損
  • 借家の火災による家主への賠償責任

など現地でアパートなどを借りて生活する場合のトラブルもしっかりカバー

  • ご家族の死亡・危篤による一時帰国費用(オプション、保険期間3か月以上にセット可能)

365日24時間日本語対応のコールセンターがトラブル時にサポート ― アシスタンス・サービス

状況に合わせて、スピーディに対応

  • 医療機関の紹介・手配、通訳手配

    アシスタンスセンターにお問い合わせいただければお近くの病院をご紹介、ご希望に応じてご予約も手配します。公開している提携病院の一覧は、こちらからご覧いただけます。米国を中心に55万か所以上の医療機関と提携をしています。公開している提携病院以外もご紹介が可能ですのでお問い合わせください。(地域や医療機関の事情などによりご紹介出来ない場合があります。)

  • キャッシュレス・メディカルサービス

    キャッシュレス・メディカルサービスとは、AIG損保が提携している医療機関において、その場で自己負担することなくキャッシュレスで治療が受けられるサービスです。病院でインシュアランスカード(保険契約証)を提示いただくことで、キャッシュレス・メディカルサービスが受けられます。
    海外での治療費は高額になることもしばしば。現地で高額な治療費の支払いが必要なこともあります。お手元に現金をお持ちでなくても、安心して治療が受けられる留学生に人気のサービスです。
    ご旅行中のケガや病気の治療費を、AIG損保から提携病院へ直接お支払いします。

    ※ 保険の対象とならない費用や保険金額を超えた費用は自己負担となります。
    ※ 国・地域・医療機関などの事情によりご希望のサービスを受けられない場合があります。
    ※ 「緊急歯科治療費用」および「歯科治療費用」についてはキャッシュレス・メディカルサービスはご利用いただけません。
    ※ サービスの内容や範囲は予告なく変更・中止することがあります。

  • パスポートやクレジットカードなどの紛失・盗難時の手続きのご案内 など

人気の海外留学先の医療費情報

海外でのトラブルでもっとも多いものは、健康にまつわるトラブルです。海外でケガや病気の治療を受けた場合、国や地域によってはその治療費が高額になるケースもありますので、留学の備えとしてご加入をおすすめします。
下記は弊社調べです。実際の保険金支払事例に基づいています。為替レートの状況によって金額は変動します。

オーストラリアに留学します。オーストラリアの医療費って高いの?

オーストラリアの医療システムは、日本を含めた他国と大きな相違があります。

医療を受けるには、まず、GP(General Practitioner/総合診療医)の受診が必要です。風邪や腹痛、外傷、妊娠等々すべてGP受診から医療が始まります。日本で既に専門性の高い病気の診断を受け、治療・投薬や経過観察の指針が定まっている方であっても、同様です。GPの門を叩くところから始める必要があります。血液検査やレントゲンも同様で、患者が血液検査を希望しても、GPがその必要性を認め、血液等検査機関(当地名はPathology)やレントゲン等画像診断施設(当地名はImaging)に依頼状を作成してもらわないと検査が受けられません。

出典:外務省ホームページ

このような慣れない医療システムでのストレスを少なくするために、当社のアシスタンスセンターにおまかせください!AIG損保のアシスタンスセンターでは24時間・365日、日本語対応で、ご旅行者の皆さまからのご相談に応じてサービスをご案内しています。

救急車を呼ぶと 5km毎 約38,500円
盲腸(腹膜炎を併発していない)で手術をすると・・・約440,000円~858,000円+1日~3日間の入院費用
アキレス腱断裂で手術をすると・・・約880,000円~1,320,000円+約5日間の入院費用

アメリカに留学します。アメリカの医療費って高いの?

  • ハワイ(ホノルル)の場合

    医療水準は概して良好ですが、救急車の利用、医療機関の受診方法等、日本と異なる点があるので注意を要します。救急車を利用する際には、911に電話連絡しますが、日本と異なり有料になります。救急車内での処置のレベルによって料金が異なります。毎年10%以内の料金の変更があるのでご注意を!

    医療費は日本に比べ非常に高額で、ICUへの入院や手術となると1,000万円を超えることも稀ではありません。クレジットカード付帯の保険では不十分なことが多く、日本を発つ前に海外旅行保険に加入することをお勧めします。その場合、万が一に備え、治療費を無制限にするのが望ましいと考えます。

    出典:外務省ホームページ

救急車を呼ぶと・・・平均して約165,000円
胃腸炎で外来にかかると・・・約22,000円~55,000円
入院すると・・・個室代 一日あたり 約330,000円~385,000円(検査費、X線代除く)
盲腸(腹膜炎を併発していない)で手術をすると・・・手術費が約2,750,000円~3,300,000円+1日~3日間の入院費用
アキレス腱断裂で手術すると・・・手術費が約3,300,000円~3,850,000円+約5日間の入院費用

  • ニューヨークの場合

    ニューヨークでの医療費は非常に高額と言われており、外務省ページでも渡航前に十分な補償額の海外旅行保険(100%カバー)への加入を呼び掛けております。

    出典:外務省ホームページ

ニューヨークで救急車を呼ぶと・・・平均して約110,000円
胃腸炎で外来にかかると・・・初診料が約440,000円~約660,000円
盲腸(腹膜炎を併発していない)で手術をすると・・・ 約3,300,000円~約4,400,000円+1日~3日間の入院費用
入院すると・・・個室代 一泊 約330,000円~550,000円(検査費、X線代除く)
ニューヨークから日本への移送費は・・・約2,893,000円
通常のフライト便を利用、医師、看護師それぞれ1名が付き添った場合
使用する航空会社と時期によって異なります。

治療・救援費用の保険金額(支払限度額)が無制限のインフィニティプラン

クレジットカードに付帯されている保険だけだとダメなの?

「クレジットカードに付帯されている保険だけだとダメなの?」「保険会社の海外旅行保険って何がいいの?」、そんな疑問にお答えし、旅行中のトラブルに対して、事前に確認すべき点についてご紹介します。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険との違い
取扱代理店
引受保険会社
AIG損保 ロゴ
AIG損害保険株式会社
無断での使用複製は禁じます。
AIG損保の海外旅行保険は、海外旅行中の万一の病気やケガのために充実の補償を提供します。思わぬ事故やトラブルに備えておけば、
あなたの旅がより楽しいものになるはずです。
登録番号:B-190232